仮想通貨をBetして稼ぐ

仮想通貨の取引額が20倍

2017年末に乱高下した仮想通貨、2017年度のデータから2016年度の20倍に拡張していた。外国為替証拠金取引(FX)などから資金が流れ込んだという。
 
横浜在住の女性が20万円でビットコインの取引を始めた途端、手元資金が3倍になった。
以前は投資信託や保険などでコツコツと運用してきたが懸命に考えても資産はほとんど増えなかったという。
 
仮想通貨ビットコインが誕生してもはや10年経ち、認知度は高くなった。昨年だけで価格は約20倍に急騰し2017年12月には1ビットコイン=約2万ドルとなた。しかしその直後、急落し半値となる。
痛い目にあった都内男性は250万円を元手にした外国為替証拠金取引(FX)で2500万円分のビットコインを購入し、その直後の急落で証拠金やビットコインを全額失い、さらに500万円の借金を背負うことになってしまった。
 
仮想通貨は投資なのか?ギャンブルに近くないか?
580憶円の不正流出が起きたコインチェック事件では「取引所リスク」が表面化した。
 
仮想通貨交換事業者の営業利益率が86%という荒稼ぎの実態が市場のいびつさを浮き彫りにした。

 

世界の仮想通貨

世界の仮想通貨が1千種類を超えた。
日本での仮想通貨取引額は69兆円。
 
仮想通貨の取引額は、株式売買の280兆円には及ばないが、約30兆円の上場投資信託や約2兆円の不動産投資信託を上回った。
 
仮想通貨の国内投資家数は約360万人で大手の交換業者は、稼働口座は4割とみている。
外国為替証拠金取引(FX)は、730万の店頭口座で、取引実績があるのは、1割程度だ。
 
仮想通貨は投資家数でもFXを上回ったようだ。

 

仮想通貨で遊べるベラジョン

仮想通貨のビットコインで賭け金を入金できるベラジョンカジノで遊んでみませんか。
ベラジョンで遊ぶ
 

 

 

ベラジョン・オンラインカジノ

 

オンラインカジノの入金や出金解説

オンラインカジノは海外で運営しているので、入出金は海外決済(米ドル)となります。海外との決済では、安全に取引できるツールを使うことが望ましいです。

 

現在ではクレジットカードで簡単にオンラインカジノに入金できますが、クレジット会社によっては「入金できない」というケースまあります。また、クレジットカードで入金できてオンラインスロットをプレイして勝利金を出金するときクレジットカードで出金できません。
さらに最近ではダイレクトに銀行出金できるというオンラインカジノもでてきておりますが、手数料がバカ高いし為替もやたら高く設定されており、オススメできません。

 

そこで、もっとも安心して入金や出金できるのは「エコペイズ【ecoPayz】」を使うことです。

エコペイズはイギリス金融庁に登録されている(お墨付き)オンライン決済サービス企業で、15年以上もの実績と、現在159ヵ国と地域で45種類の通貨が利用できます。

エコペイズならすべてのオンラインカジノで「入金」・「出金」ができます。

エコペイズの口座は無料で開設できます。円・ドル・ユーロなどの口座を複数持つことができるのです。
エコペイズの運営は手数料【たった1%】を頂いて運営しているので、私たちプレイヤーに優しい設定です。エコペイズは非常に安価に決済できますので今すぐ口座開設(無料)しておきましょう。完全日本語対応しているのでスマホで簡単に口座解説できます。
エコペイズ口座開設はこちら

エコペイズのもっと詳しい解説はこちら

 

ベラジョン解説サイトをフォローする
オンラインカジノ2021年【人気カジノベスト10】
タイトルとURLをコピーしました